• プレスリリース
    作成を効率化

  • メディアに直接
    アプローチ

  • 校閲AI
    メディアAI選定

  • プレスリリースの作成・管理がブラウザ上で簡単にできる

    プレスリリースの作成〜配信までの業務がブラウザ上で完結できるので、社内の確認や承認フローが簡単になります。 また、汎用的なテンプレートが用意されているので、初心者でも学びながらプレスリリースを作成することができます。

  • 配信メディアの自動選定

    直接アプローチ

    プレスリリースの内容に応じてHARVESTのメディアリストから配信メディアを自動選定します。また、企業のメールアドレスから配信するので、メディア・記者の目に留まりやすく、時間をかけずに閲覧の可能性がアップします。

  • プレスキット

    記事化する際には、メディア側とデータのやり取りが発生します。サービスのイメージビジュアル、会社のロゴ、人物写真、企業データファイルなど問い合わせがあるたびに対応するのも大きなコストがかかります。 HARVESTなら、記事に必要な素材や情報を事前にクラウド上に格納しておくことで、自由にダウンロードして使用してもらうことが可能です。

  • 広報リテラシーが蓄積できる

    配信履歴が全てweb上に蓄積されるので、広報担当者が離任した場合や退職した際の情報ロストがなく、引き継ぎが簡単です。

HARVESTでできること

  • 簡単プレスリリース作成

  • メディアAI選定

  • 校閲AI

  • プレスキット

導入企業

dipdipdipdipstartPass

ストレスなくやりとりできるように

ディップ株式会社

次世代事業準備室 室長 進藤 圭氏

インタビュー画像

今までは、カテゴリ毎にテンプレート化したWordファイルを元に、ファイルで管理していました。
HARVESTでは、多数のテンプレートが用意されていて、WEB上でテンプレートを選択、 求められる情報を入力するだけで、 必要な情報が網羅されたプレスリリースが作成できます。

確認作業も、ファイルを送信しダウンロードして開く、 という手間が発生していました。 HARVESTで作成すると、URLを送り、ブラウザで開くだけ。 ストレスなくやりとりできるようになりました。

報道・メディア関係者へリークする情報も、プレスリリースに毎に、関連する素材やストーリーなどを入力・保存する機能もあり、 素材の管理・共有が楽になりした。
常に並行して走っているプレスリリース作成業務が、スムーズに進められるようになりました。 実際、多数取材や講演に繋がるようになっています。

よくある質問

  • Q

    一般的なプレスリリース配信代行サービスとは違うのですか?

    A
    一般的な配信代行サービスのメリットには、幅広い媒体に対して気軽に配信できることがあります。 一方、毎日膨大な情報で溢れるため、プレスリリースを配信しても取材獲得の確率は高くありません。 HARVESTは、プレスリリースの内容に応じて “その情報を欲しているメディア” をAIが自動選定し、企業ドメインのメールアドレスから配信できることが特徴です。 取材先を探しているメディアに直接アプローチするチャンスもあり、取材獲得の可能性が多くあります。 また、企業の発信とメディアが欲している情報をマッチングし、Win-Winの関係性を築くことを目指しています。
  • Q

    これまでにプレスリリースを配信した経験がないのですが。

    A
    HARVESTでは、誰でもなるべく簡単にプレスリリースの配信ができるよう、独自のテンプレートやメディアリストの提供を行っています。そのため、一度もプレスリリースを配信した経験がない方でも、ガイダンスに従うことでプレスリリースの作成・配信からその後のフォローまでを一貫して行うことが可能です。 また、プレスリリース作成の前段階として、基本の広報の考え方や “ネタ” の作り方など、広報リテラシーを高めることを目的としたメディアの運営も行っています。
  • Q

    画像や動画などのファイルは添付できますか?

    A
    高画質の画像・動画ファイル、PDF、Excel・Wordファイルなど、あらゆる種類のデータをプレスキットにアップロードすることができます。 アップロードしたデータのURLはプレスリリースの配信メール本文入るので、取材する側はネット環境があればいつでもどこでもダウンロードすることができます。そのため、面倒な素材のやりとりの手間を省けます。
  • Q

    どのようなメディアにアプローチできますか?

    A
    プレスリリースの配信先メールアドレスを正式に公開しているメディアに対して配信が可能です。
  • Q

    すでに自社で持っているメディアリストを使うことはできますか?

    A
    可能です。HARVESTを使って配信することで開封確認をすることができ、次回のアプローチに有効です。 また、一度登録したメディアリストは社内共通のデータベースとして活用することができるので、引き継ぎの際の情報ロストを防ぎます。